②一般診療台6つあります

CAD/CAM冠治療

診療内容

■▼●

ハイブリッドセラミック「CAD/CAM冠治療」

■▼●

保険適用の白いかぶせ物

削った歯をすっぽりとカバーする「かぶせ物(クラウン)」・「さし歯」には、いくつか種類がありますが、「保険適用の銀歯は目立つ」「美観に優れた素材は高額」など一長一短でした。
 

当院でおすすめしている「CAD/CAM(キャドキャム)ハイブリッドレジン冠」は、セラミックとプラスチックのハイブリッド素材をコンピューター制御装置で削りだしたクラウンで、審美性と経済性のバランスがよい補綴物です。
 

2014年から、小臼歯に保険適用がはじまり、2020年の改定で、下顎第一大臼歯(前歯から数えて6番目の奥歯)にも適用できるようになりました。
(※詳しい適用条件についてはお問い合わせください。)
 

CAD/CAM冠のメリット

■▼●

早くてきれい!

  1. 歯に似た白色なので、銀歯に比べて見た目がよい。

  2. 金属ではないので、金属アレルギーが起こりにくい。

  3. 料金は保険適用外セラミックに比べ、保険適用なので安価でできる。

  4. 天然の歯の硬さに近いため、かみ合う歯にダメージを与えにくい。

  5. 治療期間を短縮できる。

CAD/CAM冠のデメリット

1.使用するうちに磨耗が生じますので、定期的なチェックが必要です。

 歯ぎしり・噛み締め癖のある方には向きません。

2.銀歯のかぶせ物に比べてはずれやすい。

3.保険適用外セラミックに比べると、色のバリエーションが少な目である。

CAD/CAM冠治療の流れ

■▼●

仮歯の期間が短い!

院内にCAD/CAM設備を導入しましたので、クラウンを迅速に製作できます。
従来1~2週間お待ちいただいていたところ、2~3日での治療終了も可能です。

Step1

カウンセリング・診断

口腔内の状態を診察し、CAD/CAM冠以外の治療方法も含め、メリット・デメリット・料金等について説明いたします。

Step2

型取り

歯を削ってから、レントゲン・CTを撮影し、型を取ります。
仮歯を装着し、その日の治療は終了です。

Step3

設計・作成

型をスキャンして取り込み、コンピュータ上で補綴物を設計します。ミリング機(メーカー:松風)で、データ通りに素材を切削成型します。

Step4

装着

噛み合わせ等を確認・調整して、専用のセメント(接着剤)を使い装着します。